京阪神からアクセスしやすい位置にある猪名川国際カントリークラブ

猪名川国際カントリークラブは、1970年より兵庫県川辺郡猪名川町で営業を行っているゴルフ場です。
淀川の支流である猪名川を眼下に臨むことが可能となっています。
敷地内には自然が豊富にあり、多くの木々や花が見所です。
大阪を始めとして、京阪神全般からアクセスしやすいゴルフ場で、好村通紘氏が18ホールの設計を担当しました。

山岳地帯に作られており、高低差が大きくあります。
打ち下ろし、打ち上げが多い他に、山からの傾斜もあり、高いコントロール技術が要求されるコースです。

自然が多く残っているので、各ホールは木々により仕切られています。
グリーンから最も遠い、バックティーからの距離は6459ヤードと短めです。

フェアウェイは広めに作られているものの、傾斜があるので曲がりやすくなっています。
フェアウェイをキープしている場合でも油断は出来ません。

ティーショット以外は曲がることを前提に打つ方が良いでしょう。
バンカーの数は平均的となっています。

しかし1番、11番ホールはバンカーが大きめ、7番、16番ホールはバンカーの数が多めであり躓きやすいポイントです。
谷越えもあるので、多くの技術を持っていないと攻略に苦労することとなります。

曲がりやすいので、ティーショット以外でのフルスイングは危険です。
利用料金はそれほど高くはありません。

アクセスしやすい位置にありながら、コストパフォーマンスに優れているゴルフ場です。
コースの状態も悪くはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ