鶴岡市が主導して作った、鶴岡市赤川市民ゴルフ場

山形県鶴岡市で1989年より営業を行っているゴルフ場が、鶴岡市赤川市民ゴルフ場です。
鶴岡市が主導して作っており、市役所の建設部が設計を手がけました。
一般的に第三セクターと呼ばれている形態でゴルフ場を運営していましたが、経営面ではあまり芳しくなく、2011年には運営を担当していた赤川スポーツランド株式会社の解散が発表されます。

ゴルフ場は存続することとなりましたが、会員制ではなくパブリック制を採用して、大きく方向転換しました。
所謂河川敷コースであり、赤川河川緑地に作られています。

都会の中にあるゴルフ場ですが、鳥海山、月山を望むことが可能であり、景観も悪くはありません。
また、河川敷は桜の名所であり、春には桜を楽しむことが可能です。

鶴岡市赤川市民ゴルフ場は敷地があまり広くなく、全部で9ホールしかありません。
18ホールでのプレーを行いたい場合は2回ラウンドすることとなります。

河川敷コースの多くがそうであるように、このコースもフラットであり、高低差は殆どありません。
しかし、意図的に傾斜が作られているので、フラットの感覚で打つと予想外のところに飛ぶ可能性があります。

フェアウェイは広めであり、ティーグラウンドからホールの状態を見渡すことが可能です。
バンカーは非常に少なめであり、砂に捕まることはあまりありません。

川を除けば、池も一箇所だけであり障害物は非常に少ないゴルフ場です。
利用料金は非常に安めであり、初心者の方でも訪れやすいコースとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ