京都で三番目に作られた、長い歴史を持つ田辺カントリー倶楽部

京都府京田辺市で1960年より営業を行っているゴルフ場が、田辺カントリー倶楽部です。
京都府内で三番目に作られた、長い歴史を持つゴルフ場となります。
数多くのプロトーナメントが開催され、激戦の舞台となりました。
佐藤儀一氏が設計を担当しています。

丘陵地帯に作られていますが、18ホールはフラットであり、高低差は殆どありません。
その代わり、小さな傾斜が多くあります。

アンジュレーションと呼ばれているこの傾斜は、手作りです。
18ホールをバックティーから打った場合の距離は6831ヤードであり、平均よりやや長めですので、コントロールを重視し過ぎると打数が無駄に増えていくこととなります。

しかし、フェアウェイから思い切ってショットを打つと、傾斜のせいで大きく曲がることがあり、どの程度の力で打つのかが非常に難しいコースです。
フェアウェイは一部を除き、広めに作られています。

障害物は多い方ではありません。
平均的な数のバンカーが配置されています。
バンカーを満遍なく配置しているというタイプではなく、要所にまとめて配置しているタイプのコースです。

4番ホール、14番ホール、17番ホールはバンカーが固まっているので注意が必要となります。
池もそれほど多いわけではありません。

しかし16番、17番ホールは共に池越えスタートです。
長い歴史を持つ名門ゴルフ場なので、ビジターの方が予約をすることは出来ません。

予約を行えるのは田辺カントリー倶楽部のメンバーだけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ