広大な土地の中に18ホールが二つある日野ゴルフ倶楽部

1972年、滋賀県蒲生郡日野町に開場したゴルフ場が、日野ゴルフ倶楽部です。
鈴木正一氏がコースの設計を担当しました。
広大な敷地と二つの18ホールを所有しており、プロトーナメントが開催されるほど評価の高いゴルフ場です。
丘陵地帯に作られているので、アップダウンは多少はありますが、全体的にはフラットな仕上がりとなっています。

キングコースと呼ばれている18ホールは、バックティーからの距離が7035ヤードと非常に長いのが特徴です。
キングと名付けられている通り、公式競技を意識した男性的な作りとなっています。

実際、多くの公式競技がこのコースで開催されました。距離が長いので、思い切ってショットを打っていかないといけませんが、何も考えないで打つとバンカーに捕まってしまいます。

フェアウェイ横にあるサイドバンカーも厄介ですが、フェアウェイの真ん中付近にバンカーがあるというホールもあるので、広めのフェアウェイながら油断は出来ません。池に関してはほとんど見られないので、バンカーにどう対処するかが鍵です。

クイーンコースと呼ばれている18ホールは、アベレージゴルファー、レディースゴルファーを対象としているのが特徴であり、距離は6864ヤードとなっています。

フェアウェイが広めですが、大小様々なバンカーが非常に多く有り、簡単ではありません。

日野ゴルフ倶楽部ではセルフプレーの場合は比較的安く回ることが可能ですが、キャディ付きの場合はやや高めの値段設定です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ