東京都心からのアクセス面で優れている入間カントリー倶楽部

埼玉県入間郡越生町で1977年より営業を行っているゴルフ場が、入間カントリー倶楽部です。
丘陵地帯に作られており、アップダウンがあるので、打ち上げや打ち下ろしが多めとなっています。
各ホールは木々により仕切られているので、思い切って打つことが可能です。
18ホールはバックティーからの距離が6950ヤードと、十分に長いコースとなっています。

その長さが表れているのがアウトコースの9ホールです。
一部にはフェアウェイが途中で曲がる、ドッグレッグの形になっていますが、ほぼ真っすぐで構成されているので、思い切って打つことが必要となります。

池やバンカーといった障害物もあるのですが、数はそれほど多くありません。
そのため、テクニックよりも遠くに飛ばす力が物を言う9ホールです。

一方で、インコースの9ホールは趣きがまるで異なります。

距離はアウトコースと比べて200ヤード以上短く、フェアウェイも広めなのものの、障害物の数が非常に多いのでパワーだけではスコアアップに期待出来ません。

遠くに飛ばす力よりも、ボールを思い通りのところに落とすテクニックが重要となります。
11番ホールはグリーン周り以外に、フェアウェイにも大きめのバンカーが配置されており、難易度が高めです。

池に関しては、あまりありませんが、ティーショットの時点で池がコース内に見えるところも若干あります。
コースの状態は概ね良好であり、東京都心から近いという特徴を持っているので、訪れやすいゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ