府中カントリークラブの18ホールはストレートで見やすい

東京都多摩市にある府中カントリークラブの18ホールは、富沢誠造氏によって設計されており、その特徴は視界が開けている点にあります。
いわゆるブラインドと呼ばれるホールはありません。
若干カーブしているホールはあるものの、ティグラウンドからカップが見えないということはないので、目視してショットを打つことが可能です。

府中カントリークラブの18ホールで最も苦しめられるのは、アンジュレーションとなります。
多摩丘陵に作られたコースは、フェアウェイでもフラットでないところが多く、ショットが非常に曲がりやすいのです。

最も打ちやすいフェアウェイでもそのような状態なのですから、ラフやバンカーに捕まった場合に抜け出すことはさらに困難となります。

名匠と呼ばれている富沢誠造氏が作成したコースは多く存在しますが、府中カントリークラブの18ホールは代表的な作品と呼ばれており、難易度は高めです。

ゴール地点がはっきり見えているにも関わらず、そこにボールを持って行くのが難しく、傾斜によるボールの回転を常に計算しなければなりません。

この18ホールを打つ場合は、戦略を練ることが特に重要です。
どこにボールを落とせば次に打ちやすいかを読み、さらに実際にそこに飛ばす技術が求められるでしょう。

1969年に開場と歴史を持つゴルフ場であり、名門として知られています。
メンバーシップコースであり、予約が可能なのは会員のみです。

ゲストでプレーするためのハードルは高めと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ