計算的な枝の配置が特徴の名神栗東カントリー倶楽部

名神栗東カントリー倶楽部は丘陵エリアで、前半のアウトコースは松林でセパレートになっており、フラットなホールが多いのが特徴です。
自然豊かな名神栗東カントリー倶楽部のロケーションの中には、松の枝も多く、フェアウェイにも枝が出ているので、随所に設置されているバンカーと共にゴルファーを苦しめる要素として楽しませてくれる存在です。
後半のインコースは距離が長くレイアウトされているのです。

ロングショットの醍醐味を味わうことが可能で、どのホールもフェアウェイの幅があります。
豪快なゴルフを楽しむことが可能であり、美しい自然の中での開放感のあるゴルフは名神栗東カントリー倶楽部の特徴です。

料金の方はメンバーであれば、平日6740円、土日祝6740円と比較的に利用しやすい金額設定が行われており、ビジターでも平日8940円、土日祝14820円とメンバーではなくても利用しやすいのではないでしょうか。

ただし、ビジターのエントリーにはメンバーの紹介が必要であり、1か月前に予約を入れておかないといけないので、ゴルフ仲間から誘われて利用することになるでしょう。

ゴルフ以外の特徴としてはレストランの食べ物が挙げられ、「今月のラーメンセット」と呼ばれる独特なメニューは月替わりでラーメンの種類が変わると言うユニークなものとなっています。

他にも近江牛のスタミナライス、和風とんかつ定食、近江牛のカレーなどボリューム満点なメニューも取り揃えているので、昼食やプレー後のひと時も楽しませてくれる要素の一つになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ