インドで行われる伝統あるトーナメント、ヒーロー・インディアンオープン

ヒーロー・インディアンオープンは1964年から始まっている、非常に伝統あるインドのゴルフトーナメントです。
そして現在はアジアンツアーの一つとして組み込まれています。
特に2013年は、開催から50周年となる節目ということもあり、大きな盛り上がりを見せました。
まず出場選手が豪華で、地元のスターが勢揃いしたこともありインド国内での関心度も非常に高くなりました。

アメリカプロゴルフツアーを制覇したこともある、アージュン・アトワル、過去に大会3勝を挙げたこともある、ジョティ・ランダワ、ガガンジート・ブラーとアニバン・ラヒリなどの豪華なインド勢が、母国タイトルを狙いにいきました。

この大会では2009年から、インド人選手の優勝がなく、奪還するという意気込みが強くなっています。

2012年は、タイのタワン・ウィラチャンがタイトルを獲得しています。
そのときは、スコットランド人選手のリッチー・ラムジーと激しい戦いを演じて、ホールアウトしたときには、首位タイとなり、プレーオフへもつれ込みます。

そして、ウィラチャンがプレーオフを制して、シーズン3勝目となる勝利を挙げます。
そしてこれが、ウィラチャンの賞金王獲得への弾みとなりました。

アジアンツアーも終盤戦になってきて、ここでの獲得賞金がツアーチャンピオンの行方に大きく左右されることから、インド人選手だけでなく、アジアンツアー参戦メンバーも勝利を狙いにいく、熾烈な戦いになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ