かつてはキヤノンがスポンサーだったオメガ・ヨーロピアン・マスターズ

高級腕時計製造メーカーとして知られるオメガがスポンサーを務めている大会が、オメガ・ヨーロピアン・マスターズです。
欧州ツアーとアジアンツアーの共催により、スイスのクラン・モンタナにあるクランスシュルシエレGCで、毎年9月に開催されている大会となります。
賞金総額は220万ユーロと、欧州ツアーの中では平均よりやや高い程度です。

現在はオメガが冠スポンサーとなっている為、オメガ・ヨーロピアン・マスターズという名前になっていますが、元々はヨーロピアン・マスターズという名前で1923年に創設された、欧州ツアーの中でも特に歴史のある大会の一つと言えるでしょう。

かつては、カメラやプリンタなどを中心にCanonブランドを展開していることで知られているキヤノン株式会社がスポンサーを務めていたこともあります。
2001年より、オメガがスポンサーとなり、現在の名前になりました。

オメガ・ヨーロピアン・マスターズで有名なエピソードとして、2006年大会での出来事が挙げられます。
女子プロゴルファーのミシェル・ウィーが参戦したことで話題になりました。

女子プロゴルファーが、男子ツアーに参加することは、前例がないわけではありません。
2006年より前、2003年にも同様の事例がありましたが、極めて数は少なく珍しいことです。

しかしトッププロであるミシェル・ウィーの男子ツアー参戦は話題を呼び、多くの観衆を集める結果を招きましたが、残念ながら結果は予選落ちでしたが、この大会の知名度は大きく上がったでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ