波乱含みのISPSハンダ・ウェールズ・オープン

ISPSハンダ・ウェールズ・オープンは2000年より開催され、欧州ツアーの一つとして名が知られています。
開催時期は5月頃だったり、夏場の8月だったりと安定していません。
開催ゴルフ場は「ザ・ケルティック・マナー・リゾート at ウェールズ」で、賞金総額は180万ポンドです。

開催ゴルフ場であるザ・ケルティック・マナー・リゾートは、ゴルフ場だけではなく、五つ星ホテルを中心に様々な施設がある、世界でも屈指の総合リゾート地です。

サウス・ウェールズの郊外にあり、ヒースロー空港から僅か30分程で辿り着ける利便性も併せ持っています。
ゴルフに関して見ても、3つのチャンピオンシップ・ゴルフコースがあるなど、その規模は世界最大級と言ってもいいでしょう。

2010年には、ライダーカップが開催されたことでも知られています。
ライダーカップの開催時は、既存のコースを使うのではなく、何と新しくホールを作ってしまいました。

7493ヤードと、飛距離を伸ばす為のパワーは最低条件として必要で、その上にウォーターハザードもある難コースとなっています。
既存のコースでは、1995年にオープンした、ロバート・トレント・ジョーンズ・シニア設計のコースが舞台となったこともあります。

風が強く吹くこともあり、ISPSハンダ・ウェールズ・オープンでも幾度か波乱の原因を作りました。
今後の大会でも様々なドラマを作る可能性が高く、見逃せない一戦となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ