大統領の名がつけられたネルソン・マンデラ選手権

ネルソン・マンデラ氏は南アフリカ共和国で大統領を務めた他、ノーベル平和賞も受賞している、同国の中でも随一の有名人と言えます。
現地では抜群の知名度を誇る氏の名前がついたゴルフトーナメントがネルソン・マンデラ選手権です。
2013年度の欧州ツアーの幕開けとなる試合を担うことになりましたが、同時に新規大会でもありました。

賞金総額は100万ユーロ、開催地は南アフリカ共和国のロイヤルダーバンGCです。
第一回は12月に開催されましたが、今後のスケジュール、開催地などが固定なのかは分かりません。

2013年度の欧州ツアーでは、南アフリカ共和国で計6試合もトーナメントが開催されています。
これはアメリカに並ぶ多さで、近年では最多と言えます。

南アフリカ共和国は、ゴルフファンの方ならご存知かもしれませんが、特に欧州ツアーで出場選手が活躍している国となります。
今後も南アフリカ共和国出身の選手の動向は要注目となるでしょう。

ネルソン・マンデラ選手権が開催されたロイヤルダーバンGCは、クワズール・ナタール州エテクウィニにある、ダーバン地区に居を構えるゴルフ場です。

その歴史は古く、1892年にダーバンゴルフクラブという名前で設立されました。
コースの特徴としては、強い風が挙げられます。

ゴルフで風の与える影響は大きいですが、その風が特に強く吹きやすいのがロイヤルダーバンGCのコースで、試合でも、この風を読みきった選手が勝利に近づくでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ