プレーオフ第2戦 熾烈を極めるドイツバンク選手権

ドイツバンク選手権は、PGAツアープレーオフの第2戦です。
この大会は開催日が変則的で、通常ならば木曜が初日になり、日曜日が最終日になるのですが、金曜が初日になっています。
そのために、月曜日が最終日となります。
また、ドイツ銀行選手権とも呼ばれることもあります。

前週開催のプレーオフ初戦、ザ・バークレイズまでの上位者100名が参加できることもあって、さらにその出場資格は絞られ、生き残りをかけたハイレベルな戦いが期待されています。

TPCボストンで開催されるドイツバンク選手権の2013年の優勝者は、スウェーデン人のヘンリク・ステンソンです。
彼は大会タイ記録となる通算22アンダーの262という好成績で勝利を飾りました。

最終日首位と2打差でスタートしたステンソンは、6バーディー1ボギーで逆転優勝。
これにより、フェデックスカップで彼は首位に上り詰め、残り2戦に臨むことになります。

前週のザ・バークレイズを制覇したアダム・スコットは、53位タイに終わりました。

ここまでの上位70名までが次の戦いに進むことができることから、シーズン王者を狙うためにはもちろん大切ですが、シーズンをここで終わらせない、生き残りをかけるという意味でも、重要な大会になっています。

2週連続でプレーオフが続いていましたが、このあとに控えるBMW選手権は2週間後に開催されるので、その間のオフの取り方によっても、今後のツアーの優勝が大きく変わってきます。

残り2戦のプレーオフの行方を占う意味でも、目の離せない大会です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ