コマツオープン2013の概要とコースの見どころ

コマツオープン2013は株式会社小松製作所が主催するゴルフ大会です。
特別協賛としては、アサヒビール株式会社、特別協力には日本航空株式会社などで、賞金総額は6000万、優勝賞金は1200万です。
開催日程は9月の半ばに3日間にわたって行われます。

出場資格としては、プロフェッショナルはツアー25勝の経験を持つ者、前年度のPGAシニアツアー賞金ランキングにおいて上位30位以内の者、生涯獲得賞金ランキング上位20位以内の者などとなっています。

コマツオープン2013の開催コースである小松カントリークラブについては、霊峰・白山と木場潟に抱かれたコースとなっています。
自然との調和を目指して創られた、ハイグレードなコースです。

コースの分類としては、広大な敷地に完全セパレーツされた丘陵コースであり、個々のホールについて見ていくと、9番ホールでは、グリーン手前にグラスバンカーが配置されているので、こちらは戦略性に富んだロングホールです。

また、クラブハウス越しに霊峰白山を見ることができ、景観を楽しむことのできる、本クラブの象徴的なホールになっています。
名物ホールとなっているのは18番であり、兼六園と同じく「ことじ灯籠」が存在します。

日本庭園の美しさと風情とを併せ持った、見どころのあるホールです。

また、周辺施設に目を移してみると、天然温泉を備えたクラブハウスの他にも、料理にこだわりのあるレストランなどがあり、充実したサービスが売りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ