日本で唯一行われているLPGA公式戦のミズノクラシック

ミズノクラシックは、日本の女子プロゴルフトーナメントの一つであり、日本で唯一行われている、全米女子プロゴルフ協会、いわゆるLPGAの公式戦にもなっています。
ミズノクラシックの名前からもわかるように、大会の主催はミズノを始めとして、毎日放送・スポーツニッポン新聞社です。
毎年11月の第1週から第2週に行われます。

ミズノクラシックの歴史を見ていくと、かつては「LPGAジャパンクラシック」として開催され、その後も「LPGA美津濃クラシック」「マツダジャパンクラシック」「東レジャパンクイーンズカップ」などと名称を変えつつ開催されていき、毎日放送とTBSが交互に製作し、関西および関東のゴルフコースを舞台に開催されていきました。

その後、「ミズノレディースゴルフトーナメント」を統合して、現在の名称になりました。
大会では、国内を始め、アメリカからもプレーヤーが集まり、賞金総額120万ドル、優勝賞金18万ドルを賭けて争われます。

優勝者にはまた、副賞としてメルセデス・ベンツが贈呈されます。
ただし、開催時期がアメリカツアーのオフシーズンに重なっているために、トップ選手は来日しません。

このことが影響し、日本選手にしてみると、アメリカ女子ツアーの大会の中では優勝しやすい大会という位置づけになります。
開催場所は近鉄賢島カンツリークラブです。

当コースは、伊勢志摩国立公園のとても美しい海、さらには横山の緑に囲まれている景勝の地であり、リアス式の海岸線を巧みに取り入れて設計された特徴的なリゾートコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ