ワンピースボールによるゴルフの練習とボールの価格

ワンピースボールとはゴルフの練習で使われるボールの種類で、合成ゴムだけで作られているモデルのことです。
その特徴としては、合成ゴムで構成されていることからコストが安い点が挙げられます。
また、低価格で入手可能な一方で飛距離が伸びないので、ゴルフ場で使うことには不向きと言えます。
そのため、町中のゴルフ練習場などで使われる練習用として利用されています。

低価格帯での価格設定になるので、ゴルフ初心者などボールを紛失しやすい人などが大量に購入を行うことが可能です。

しかし、癖があるのも事実であり、飛距離に差があり過ぎるので、実際にゴルフ場に出た時に弾道の高さが予測できず、また、スピンがかからないので、練習で作り上げてきたスイングが本番で活かせなくなる欠点があります。

飛距離を伸ばすためには、合成ゴムにカバーを搭載したツーピースボール、合成ゴムにカバーを2層も重ねたスリーピースボールなども存在しており、構造が複雑になるにつれて価格帯なども向上しています。

主にゴルフ場などで利用されており、飛距離にも違いが現れるので、価格が高いモデルほど高性能を発揮することになります。

しかし、ゴルフ初心者などはボールを紛失しやすいことから、最初は低価格帯のモデルを利用することが多く、自分の予算と技術に合わせたモデル選びが重要と言えます。

そのため、練習などでは本番同様にツーピースボールを使って自然なスイングを身につけることが、ゴルフの練習では重要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ