ロングサムとショートサムによるグリップの握り方の違い

ゴルフクラブの持ち方の一つにロングサムがあります。
これは右利きにおける左手のグリップの持ち方であり、左手親指をシャフトに沿って長く伸ばす感じで持つことになります。
これにより、違和感のある持ち方になりますが、飛距離アップを目指すことが可能です。

しかし、デメリット面としてはスイング中のシャフトの暴走が発生してしまう事であり、スイング中に思い通りの方向に飛ばすことへのハードルを上げてしまうため、現在ではロングサムを使った持ち方があまり行われていません。

それに対して、ショートサムという持ち方があります。
これは左手親指を縮めるように持つことで、ロングサムのように手とグリップとの密着する面積が少なくなる持ち方です。

これによって、違和感なくグリップを握ることが可能であり、スイングの際にはシャフトの暴走を抑えることができるので、一般的なゴルフクラブの持ち方になります。

ゴルフクラブにおける左手の役割としても、手のひらでゴルフクラブが余計な動きを行わないために添えられており、右手でパワーを送る一方で、左手は安定性のためにゴルフクラブを握る重要なポジションとなるわけです。

このため、目的の方向を狙うことが可能となり、フルスイングを行った際に安定があればあるほど、ナイスショットを打ち出すことが可能になります。

ですから、ただ単に振るだけではなく、ボールを目的の方向に飛ばすための重要な要素として練習を行う必要があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ