メタルウッドの登場で変化したゴルフクラブ事情

メタルウッドとは、ヘッドの部分が金属でできているモデルのゴルフクラブのことで、本来はパーシモンと呼ばれる柿の木で作られていましたが、パーシモンの高騰化と共に品不足による入手困難な歴史から、柿の木の代わりに金属製のヘッドにしたものです。
本来では木で作られる部分を金属で作っていることから、メタルウッドと呼ばれています。
現在では、多くのゴルフクラブのヘッド部分が金属で作られています。

ドライバーとフェアウェイウッドのヘッドの殆どが金属製に入れ替わっており、ステンレスやチタン、コンポジットと呼ばれる樹脂と、ファイバーで構成された金属などが使われています。

これにより、木で作られたゴルフクラブはあまり見かけることがなくなり、一般的に金属製のゴルフクラブが使われています。

そのため、ゴルフクラブは金属の種類によって飛び方などボールのコントロールに違いが生まれており、ステンレスであればスチールのメタルウッドよりも高性能を発揮することが出来るので、人気があるモデルであり、アルミニウムであれば柔らかい金属になるのでフルスイングを行うよりも、パターなど小さなショットを行う事に向いているなど、自分のプレースタイルに合わせた金属を選ぶことが重要視されています。

このような歴史の流れから現在では一般的に金属製のヘッドが使われており、木製のヘッドと比較しても飛距離の違いやプレイヤーの力の使い方などが異なっているので、前者の方が使いやすい一面があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ