スライスとは原因が違う、右に飛ぶ現象プッシュアウト

プッシュアウトとは、打球がターゲットより右に出てしまうことです。
スライスとは違って曲がるということではなく、そのまままっすぐ飛んでしまうことに違いがあります。
しかし根本的原因は同じで、フェイスがスクウェアではなく開いてしまっているということにあります。
ただし、少し違うのは、スイング軌道がターゲットの方を向いているのに、フェイスだけが開いてしまうということです。

これがスライスと呼ばれているもので、ボールはまっすぐではなく右に曲がっていくことになります。

プッシュアウトはスイング軌道とフェイスが一致していて、なおかつそれがアドレスのときはターゲットに向かっていたのに、それが右を向いてしまうということです。

こうなってしまうのはインサイドのスイングを意識しすぎてしまうばかりに、クラブの向きも変わってしまうということがあるからです。
インサイドのスイングが基本となっていて、稀にこれが出てしまうという人は、アドレスが狂ってしまっている可能性があります。

常に一定ならば出ることはないからです。
まずは、アドレス時の姿勢を気をつけるようにしてください。

他にもグリップが原因とも考えられます。
インサイドから振るために過剰な動きをしているかもしれません。

そして、フェイスが開きやすくなっている事もあり、グリップでしっかりとフェイスを固定することによって出なくなることもあります。
ターゲットとフェイスの向きに気をつけて、そのラインをぶれさせないようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ