再現性を高くしたパットで、成功率を高める

パットをきちんと知らなければ、グリーン上で大きくスコアを落としてしまいます。
それだけにゴルフでは重要な要素なのです。
これが上手ければ多少飛距離に自信がない人でも、ハイスコアを狙うことだって夢ではないからです。
アマチュアゴルファーがよくやってしまうミスとしては、テイクバックからインパクトに向かって減速をしてしまうことです。

これはパットでは絶対にやってはならないとされています。
しかし、アマチュアゴルファーはカップを狙うばかりにスイング中に調整をしてしまいます。
これは意識的かもしれませんし、無意識でやっている人もいます。

まず、大きくテイクバックしてしまうということは、そこからインパクトに向けてのずれを生じさせやすくなることを意味しています。
だからテイクバックは、自分がコントロールできる範囲でするのが理想です。

こればかりは練習をするか、テイクバックの範囲を最短にとどめておくかの判断です。
パットで重要なのは再現性です。
いつも同じような球筋を打てる、同じ距離を狙えるということが重要になってきます。

インパクトに向かってずれてしまうようなら、再現性はありません。
そして、減速してしまうこともこれを妨げています。

インパクトへの速度はできる限り一定で、もしも速度を変えるのならば、同じペースで変えなければなりません。
もっともそれはかなり難しいので、一定の速度がベストです。

そして、そのためには手首は使わず、腕の振りだけでパッティングすることも重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ