リカバリーショットには大切な抜けは、ソールで決まる

抜けとは、ゴルフではクラブヘッドがインパクトをして、そのままフォロースルーまでの動作がスムーズに行えることを意味しています。
良い、悪いという使い方をされることが通例です。
そして抜けが良いと言われるものはソールが丸くなっていることが多く、この辺りを重視してクラブを選ぶ人もいるほどです。
実際にメリットもありますが、心理面に与える影響も大きく、振っていて気持ちがよいクラブと言えます。

また、クラブに関してだけではなく、ショットに関しても言われることがあり、特に草が絡んでくるような打ちにくい場所では、抜けが良ければそのまま振り抜いたショットということができます。

また、丸みのあるソールならば、地面を滑るようにインパクトができるので、飛距離を狙って思い切りスイングが可能になると言う利点もあり、リカバリーなどでの場面では、これを重要視して選ぶ人もいるほどです。

ただし、いくらつまらないからと言ってフルスイングしてしまったら、思ったよりも地面の起伏が激しくて、ヘッドが詰まってしまうということもあります。
これをやってしまうとクラブを傷めてしまうのはもちろん、手首にも負担になってしまいますので、過信は禁物です。

特にいくら良いクラブを使っているからと言って、ヘビーなラフで地面が見えないような場所ならば、慎重にショットをしなければ危険です。

ただし、この要素はリカバリーショットに使用することが多いクラブでは、選択基準の一つになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ