グリーンが使えない冬場に仮設として作られる、テンポラリーグリーン

テンポラリーグリーンとは、本来使うグリーンが使えないときに仮設で作られるグリーンのことです。
仮ですから本来のグリーンとはまったく違う状態で、主にフェアウェイを短く刈ってグリーンとしています。
そのため、パッティングしたとしても、通常では考えられない速さとラインになっていることが多く、本格的にゴルフを楽しむには、こういう状態であるならばやめた方が良いでしょう。

しかし、冬場でゴルフがしたいというときには、やはり季節柄芝生が育っていないので使えないことが多く、しょうがなくテンポラリーグリーンになっていることもあります。

そういうときはあきらめてプレーするしかありません。
また、修繕の必要があるときには特定のコースだけこのようになっている場合も考えられますから、まずは確認をすることが大切です。

最もゴルフの楽しみの一つを損なうようなものですから、こういうものがあるときにはおそらく予約の段階で伝えてくれることでしょう。

また海外では、冬場のグリーンを保護する目的のために、通常のものをまったく使わせてもらえないということがあります。
海外でプレーするときは、コンディションが悪ければ普通のものが使えない可能性が高いということを念頭に置いてください。

また、こちらは境目がまったく分からないようなほどの仮設ですから、ターゲットをしっかりとれるようにピンで目標を確認してください。

また、いつもとはまったく違ったパッティングになるということは覚悟しなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ