ペナルティもあるダフりは、絶対やってはいけないミスショット

最もしてはいけないミスショットとして、ダフりが有ります。
これはボールの前の地面を叩いてしまって、飛距離がまったく伸びないものであり、時にはゴルフクラブを傷めてしまいます。
そして、それを起こしてしまったあとは、地面に大きな傷がついてしまうために、ゴルフ場にも迷惑をかけてしまう結果となるのです。

さらに、アプローチやバンカーでこれを起こしてしまうと、結果としてペナルティが与えられてしまうので、スコアにも大きく響いてしまいます。
また、これはグリーン上でも起こることですから、ひどい人になるとパターでも起こしてしまうことがあります。

単純に解決策を探れば、まず地面につけないようなスイングの軌道にするということです。
あまりにも鋭角な軌道でスイングをしていると、インパクトがかなり下になってしまい、それゆえダフりを引き起こしてしまいます。

さらにこのようなインパクトは非常にゾーンが狭くなっているので、頻繁に起こしてしまう人はスイングの改善が望まれます。

また、これをやってしまうよりもトップの方がまだマシなので、ここぞというときに出したくない人は、ボールの上をわざと狙って、ミスショットを起こしても被害を少なくすることもできます。

また、基本的にインパクトのときは横から当てるようなイメージを持って、あまり角度をつけないことが重要です。

それを達成するためには、アドレス時のボールの位置を開けるなど、スイング以外でも見直しができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ