ウィークグリップとも呼ばれるスライスが出てしまう、スライスグリップ

スライスグリップはウィークグリップとも呼ばれていて、スライスの主原因と一部では考えられています。
一般的に飛距離が出にくくスライスしやすいこのグリップは、良い点はあまりありません。
つまりこういった握り方をしている人は、今すぐにでも改善をした方が良いということです。
具体的にポイントとなるのは左手です。

ボールを前にスタンスをして、こぶしの山が見える数が二つ以下だったら、それがその握りになっているということになります。

こういう持ち方をして振っているとフェイスが開きやすくなってしまいますので、インパクトのときはスライスの打球を打ってしまうようなフェイス状態になります。

これを改善するには単純な方法ですが、右手を回転させてこぶしが見えるようにしておくということが言えます。
もちろん、その握りだとかなり最初は違和感があるでしょうが、それでスライスが出なくなることは間違いないでしょう。

まだこれでも出てしまうようならば、さらに回転をさせるようにしてください。

そして重要なことは、このような握り方を変えるということをしないでスイングだけを直したとしても、根本的な解決になっていないのです。

スイングを直すときは必ずグリップも修正して、決してスライスグリップにならないように気をつけてください。

スイングの立て直しをしているうちに、知らず知らずにこのグリップになってしまうという事もありますから、根本的な見直しはまず握り方から注意して改善しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ