一つの金属から生まれる、削り出しパター

削り出しパターは、一つの金属の塊から削り出されてできているパターのことです。
製作過程から分かるように、比較的高価なものです。
しかし、その分メリットもあることから、普通のパターからのステップアップとして乗り換えをする人もいます。
まずそのメリットですが、mg単位での重量の調整ができることから、かなり細かな微調整が可能となっています。

ただし、削りすぎてしまったときは元に戻すことはできません。
そして鍛造するわけではないので、比較的柔らかい金属をそのまま使うことができます。

そのため、打感は極めて柔らかく、独特の使い心地があり、そのフィーリングが扱いやすさを増すのです。

さらに製品として販売しているものはコンピューターで精密に削られているので、個体差が極めて少なく、どの商品であってもバラつきが少なく、買い直したときであっても違和感なく使うことができます。

ただし削り出しなので、今のような繊細な形をしたパターを作ることはできません。
形状としては極めてオーソドックスな作りとなっています。

しかし、これらの欠点を補うほどに性能の高さとそのフィーリングから愛用者も多く、さらにはオーダーメイドで販売しているところもあります。

特に精度の高さはこのパターならではのものなので、繊細なタッチを再現したい人にとっては絶好のクラブになるでしょう。

既存のパターに扱い慣れた人は、まず削り出しパターの使い心地を試して、これに乗り換えてしまっても良いかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ