スライスを治すためにも必要な、クローズドスタンス

初心者の人はフェイスが開いてしまって、スライスが出てしまうという現象が多発しがちです。
これを解消するのに最適な方法は、クローズドスタンスです。
具体的にはまず通常のスタンスで構えて、それから右足を大きく後ろに引きます。
このときの足の下げ具合はかなり大きくても問題はなく、右足のつま先が左足のかかとにあわせるくらいでも大丈夫です。

これが体が開いていないクローズなスタンスです。
始めのうちは違和感があるかもしれませんが、スライスに悩む人にとっては解決の助けとなるでしょう。

スイングのときは体を開かないように注意を払い、右肩をトップの位置で留めることが大切です。
そして、そのまま肩を残しながらテイクバックからスイングをしていくことで、ボールを正面で捉えることができます。

右肩がかぶさってしまうと自然と体が開いてしまうので、いくらクローズドスタンスをとっていたとしてもやはりスライスが出てしまいます。

また、これだけではなくスイングも注意しなければなりません。
足を引いてスタンスをとったあとは、肩を下げないように意識しながら練習をすると、コツがつかみやすいでしょう。

最初はゆっくりとしたスイングから始めていって、体に覚え込ませてから徐々にスピードを上げていきましょう。

クラブヘッドをいくら意識してもスライスになってしまうという人は、自分のスタンスを見直して、ぜひこのクローズドスタンスを利用するようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ