アイアンは難しいと考えている人には最適、キャビティーアイアン

キャビティーアイアンは、アイアンの種類の一つです。
もう一つの有名な種類と言えばマッスルバックがありますが、キャビティーアイアンの特徴は、背面がえぐれているところです。
そのため一目でそれだと分かります。
この両者の違いというのはそのフェースの厚みにあって、マッスルバックは厚いことから、鉄のかたまりが十分な力を持って押し出せます。

一方のキャビティは、薄いことから反発力を利用してボールを飛ばす仕組みになっています。
この二つの違いによって、キャビティーアイアンの特徴が表れてくるのですが、まず第一には弾道が上がりやすいということです。

さらには重量が軽くなっているので初心者でも扱いやすく、反発力を利用していることからヘッドスピードがそれほど速くなくても飛ばすことができます。

ただし、反発力でポンと打ち出すということでコントロールはそれほど良くありません。
ただし、これはデメリットかと言うと、まっすぐな弾道を打つときにはミスショットを許容するという側面も持っています。

アイアンに力を入れて打てないということがあるのならば、このタイプを使ってみるのも一つの手です。

また、昔はコントロール性がそれほどないと言われたこのタイプですが、新しいものではある程度のコントロールもできるようになっているので、オールマイティな使い心地になっています。

アイアンが難しいと感じていた人にとっては、救いの一本になるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ