初心者が陥りやすいミスショットの原因、オープンフェイス

オープンフェイスとはさまざまな使われ方がされる言葉ですが、基本的にはフェイスが開いてしまうことを意味しています。
スタンスの際にやや開いた状態で構えたことを指す場合もありますし、実際にインパクト時に開いてしまうこともこう呼びます。
オープンフェイスでショットを打つと、球は自分の進行方向の左側に飛んでしまいます。

このような飛び方をスライスと言い、初心者が陥りやすい、うまく打球が飛ばない原因といわれています。

スライスになってしまう理由はいくつかありますが、構えたときとインパクトのときが状態が違う、オープンフェイスになっているということがその最たるものです。

バックスイングをしてスイングをするという動作の間に、手首の回転や体の動きなどでフェイスが開いてしまうのです。
その際にまず見直さないといけないのは、グリップです。

グリップが弱ければ、振ったときの勢いでクラブが回転をしてしまい、開いてしまいます。
最初はゆっくりとスイングをしてみて、スタンスのときとフェイスの開きが異なっていないかを確認することが重要です。

また、バックスイングのときは開いていても問題はありません。
テイクバックで同じ角度でクラブを維持するというのは不自然な動きだからです。

ただしバックスイングをしたときにあまりにもオープンフェイスとなっているのは、要注意です。

ダウンスイングで戻せないような状態ならば、それはもうその段階で間違っていることを意味しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ