探す時間が明確に決まっている、ロストボール

ゴルフは自然の中でプレーをして、ボールの行方が追えなくなってしまうこともあります。
そして茂みの中に打ってしまって、どうしても見つからないというときは、ロストボールとなって、ペナルティを受けることとなります。
さらに、どう考えてもこのあたりにあると分かっていても、それでも5分以内に見つからなければ、ロストボール扱いです。

また木の上などに見つけてしまったときに、もしもそれが自分のものだと確認できなければ、ロストボールになります。
さらに、あとでそれが判明することもあります。

例えば時間が経って木から落ちてきてしまった時などがありますが、それは新しいボールを打ってしまったら、たとえその時点で判明したとしても、扱いとしてはペナルティになります。

実際にこうなった場合は、自分が以前打った場所に戻って打ち直さなければならず、さらにペナルティも受けてしまうということで、事実上罰則はかなり重くなっています。

ただしこれだとプレー進行がかなり遅くなってしまうということから、ゴルフ場によってはそのまま進むことも可能とされています。
それが前進2打罰と言われているローカルルールです。

また、探す時間というのは5分と決められていて、これは明確に規定されています。
その後に見つかったものでプレーをするということはNGとされていて、失格扱いの厳しい処分になります。

なぜならば、本来は使えないボールを使ったということになるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ