バンカーをならすためのレーキの、正しい使用方法

レーキは、ゴルフ場のバンカーをならす物です。
バンカーにボールが入ってしまったら、当然そこに入ってボールを脱出させようとしますが、そこでスイングをしたときには、下は砂ですからかなりスイングの痕跡や足跡が残ってしまいます。
そこで、次のプレーをする人に迷惑がかからないように、砂をならして最初の状態にしておかなければなりません。

そんなときに利用されるのがレーキで、熊手のようなかたちになっています。
ただし、これで砂をなぞればそれでいいと言うわけではなく、きちんとした使い方を覚えておかなければ、うまくならすことはできません。

まずならす方向が決まっています。それはピンに向かっていくということです。
そして自分が踏んでしまった場所やショットをして崩してしまったところはその方向で進めていきます。

また、引くのではなく自分から離すようにやります。
さらに、刃のようにギザギザになっている方である程度ならしたら、次は背を使って、より平らにしていきます。

またレーキはコース上のバンカーの近くに置いてあることが多く、そこにボールが当たってしまうということも考えられます。
当たったのならば、特に罰則はなく、ボールが落ち着いた位置で打つことになります。

そしてもしもバンカー付近で止まったボールが、レーキを動かしたことによってバンカーに落ちてしまったというときは、リプレースが許されています。
なぜならこれは規則上は動かせる障害物に当たるからです。

もしプレーの邪魔ならば動かしても問題はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ