ランの距離を見極めることでアプローチは決まる

ランとは、ボールが落ちてから転がっていくことで、飛距離にもこのランは含まれていますから、飛距離を伸ばしたいのならばこのランがなければならなくなります。
ドライバーショットでこれを伸ばすためには、弾道は鋭角でなければなりません。
なぜならば上に上がってしまった球は、前へ転がっていく力がそれほどないために、伸びないからです。

そのために、この要素を得るためにドライバーの弾道というのは非常に重要になってきます。

また、これはアプローチを考えるときにも大切で、一般的にアプローチは上に上げるということが良いとされますが、それはボールができるだけ転がっていかないようにするためです。

転がってしまったら予測は困難となって、狙った位置に付けることが難しくなってしまいます。
ですが近年では、これとまったく違って転がしてよせるという概念も生まれています。

ボールを始めから転がしてしまえば、その力加減である程度の予測ができるということです。
もちろんどちらが良いかどうかはケースバイケースによりますし、その人のくせにもよる所があります。

特にアプローチに関しては、これを読むことが大切になってきます。
転がす前提ならばスピンがかけられない事もあり、オーバーしてしまったら致命的なものになってしまいます。

そのためのクラブなども開発されていますので、それを利用する方法も一つの手です。
どちらにせよゴルフのボールが飛ぶ要素の一つですから、見極めが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ