初心者からプロまで愛用する幅の広い、マレットパター

マレットパターは、パターのかたちの一つです。
かまぼこ型とも呼ばれていて、パター後方にヘッドが大きく膨らんでいるのが特徴です。
これによって重心深度が深くなることにより、直線的にボールを転がすことが可能となっています。
ヘッドの操作自体は繊細にはできない物が多く、物理的に重い事もあることから、まっすぐに打つことには適していますが、繊細なタッチが要求される場面はやや苦手としています。

直線的なパターをしている人にはとても向いていますが、フェースをコントロールするようなパッティングをする人にとっては、比較的不向きな物になってしまうかもしれません。

そして、芯を外してしまったとしても、比較的直進的に進むことからアマチュアゴルファーであっても使いやすいです。
距離感も力に合わせて進んでくれるので、ミスをしたときの許容度が高いクラブということが言えるでしょう。

ただし打つときにはフェースを開いて打つようなことはしないで、素直にまっすぐにボールに当てるということが必要になってきます。
別のタイプのパターから乗り換えた人にとっては、この辺りが逆に使いにくさに繋がってしまうこともあります。

過去にはプロゴルファーではこのタイプを使用している人は少なかったのですが、今はプロであっても使用頻度は高くなっていて、パターの代名詞的な存在になっています。

初心者向けではありますが、初心者以外でも有用性の高いパターになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ