日本ではアウトコースとも呼ばれる、前半9ホールフロントナイン

ゴルフは通常18ホールで行われますが、そのとき、前半と後半で9ホールごとに分かれます。
その前半の事をフロントナインといいます。
なぜそんな言い方をするかと言うと、クラブハウスのフロント、つまり前面に位置していた事からこういった呼び方が定着しました。
しかし、今はクラブハウスが常に一定の位置にあるとは限らない事から、クラブハウスの方角から見てという事ではなく、呼び名として定着した感があります。

そしてフロントナインは別名アウトコースという言い方もできます。

これは、クラブハウスから出て行って始めるゴルフという意味で、起点としてクラブハウスを出発してゴルフを始める、そして半分が終わったら折り返してクラブハウスにインをする、つまり帰るという事でインコースと言われています。

またフロントナインの反対の言葉としてバックナインという言葉も使われています。
まさしくクラブハウスの裏側に当たるという事でバックですが、これもすべてが当てはまる事ではありません。

また、今はフロントやバックという言葉よりも、インやアウトの方が一般的に使われています。

ゴルフ場のホームページなどを見ても、アウト、インと紹介しているところがほとんどですが、稀にフロントと紹介しているところや、テレビの解説者などで使う人もいると思いますので、覚えておいて損はないでしょう。

また、海外ではフロントとバックという事が一般的ですので、海外でプレーする際にはそちらを使った方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ