ポイントで争うPGAツアーの王者を決めるシリーズ、フェデックスカップ

フェデックスカップとは、PGAツアーのシリーズトーナメントの総称です。
ポイント制になっていて、年間王者はポイントを多くとった人が獲得となります。
1月のヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズから8月のウィンダム選手権までがレギュラーシーズンでのポイント対象戦になります。
優勝したら500ポイントですが、グランドスラムトーナメントとプレーヤーズ選手権は600と、大会規模によっても変動があります。

そして、それらが終わったときの総ポイントで、上位125名のみが「プレーオフ・フォー・ザ・フェデックスカップ」に進む事ができます。
ここからはサバイバル戦となり、前回大会の成績によって脱落していく事になります。

このプレーオフは4試合あり、「ザ・バークレイズ」は出場人数ポイント上位125人、「ドイツ銀行選手権」は上位100人、「BMW選手権」は上位70人となっていきます。

そして最終戦の「ザ・ツアーチャンピオンシップ」で優勝が決定されます。
その試合には出場人数ポイント上位30人のみで争われます。

ただしこれもポイント制ですので、最終戦の「ザ・ツアーチャンピオンシップ」の優勝者が必ずカップの優勝者になるとは限りません。

なぜならプレーオフに関しては優勝者に2500点ものポイントが与えられるからです。

また「ザ・ツアーチャンピオンシップ」に出場した30名に関しては、自動的にプレーオフへのシード権が与えられる事になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ