フェースインサートの硬さでパッティングの感覚が激変する

フェースインサートとは、パターのフェースにヘッドとは違う材質の金属をインサートすることで、主に本体よりも柔らかい素材を使っています。
その狙いはソフトなタッチを実現して、より柔らかいパッティングの感覚を実現する事にあります。
繊細な操作が要求されるパッティングですから、よりタッチに実感を持ちたいというゴルファーの要望に応えるかたちで近年よく作られるようになっています。

ただしこれは本当に感触の問題という側面が強く、フェースインサートの性能によって転がりが変わってくるという事はありません。

直接打球には影響を与えない事から重要視しない方もいますが、パッティングの際の感触というのは、スムーズなショットや方向性を大切にするパットには必要不可欠と考える人も多くいるのも現実です。

特に柔らかいものが人気があって、ショートパットが苦手に人には向いているとも言われています。

好みの問題が出てくる部分ですが、一般的には柔らかくする事によってボールをしっかりと捉えているという感触が出てきて、方向性がしっかりとします。

また、硬いボールとの相性はとてもいいです。
逆に硬いものはそれほど人気はありませんが、「はじき」が良いという事で愛用している人もいます。

そのときは弾くような感覚になってしまうので、オーバーしてしまう危険性があります。

今はいろいろな硬さのものがありますから、自分の感触にあったものを選ぶ事ができるので、多くを試打して選ぶ事がベストでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ