会員権を持たないビジターと、会員のメンバーの違いとは

多くのゴルフ場では会員権を発行していて、 その会員になった人をメンバーと呼びます。
そして、それ以外の人をビジターと呼ぶ事になります。
会員権はかなり高額になっていて、それでもメリットがあるから会員になろうとします。
まずメンバーのメリットとしては予約の優先権があります。

ビジターだったら予約がとれないときであっても、メンバーのために特別に予約枠をもうけている事もあり、明らかに待遇が違います。
好きなゴルフ場があって、そこで何度もプレーしたいのであるならば、間違いなくメンバーに入った方がスムーズに予約ができます。

そして料金にも明確な違いがあって、会員は特別価格でのプレーという事になります。
そのときは全員がなっていなくても、一人いれば良いという事が一般的です。

他にも専用のロッカーが使用できるなどの優遇措置がとられています。
ですが、それらを加えても魅力を感じないという人もいるかもしれません。

ただ、会員権の本当の魅力はプレミア感やステータスにあるという事も言えます。
これを買ったという満足感や、持っている事のステータスなどは、ビジターのそれとは比べようもありません。

そして、一緒にプレーする人に、自分が持っているという事でありがたく思われる場合もあります。
金額的にではなく、精神的な有利が会員権にはあります。

また、これは株券のように売買する事ができ、価格も相場によって変動します。
売買の際は信頼できる業者に頼むのがベストでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ