上級者でも難しい高難易度ショット、パンチショット

パンチショットとは弾道が低いショットの事で、やや特殊な打ち方で、上級者の応用ショットということができます。
なぜこのような打ち方が必要かと言うと、打球が上がらないので風の影響を受けにくくなります。
また、木々に遮られてしまって高く打てないときにも使えるという事で応用する幅はありますが、打ち方が難しい事からプロのなかでもあまり使われてはいません。

ただし、的確に打てるようになれば効果は絶大で、あのタイガー・ウッズもよく使っていて、彼のこのパンチショットは絶妙で見本としているプレーヤーも多くいます。

実際にこれをするためには、まずボールの位置を右足の方に寄せます。
そしてショットはロフトで捉えるのではなく、ボールを押しつぶすように前に力で打ち出すイメージでインパクトします。

インパクトのときはボールよりも先に頭が来るイメージで、重心は下げて下半身を支えるようにします。
インパクトのときは手首の角度は、左手が平らにするようにします。

そこで押しつぶすようにプッシュする感覚を生むのです。
ただし頭では分かっていてもなかなかできないもので、これをやろうとしてしまって、ミスショットをしてしまう事もあります。

かなり難易度が高く、よほどの練習が必要となりますので、まずは打ちっぱなしなどで練習をして感覚をつかむようにしてください。

もしも自在に操れるようになれば、スコアアップのための、大きな武器になる事は間違いありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ