スイングを安定させるために必要な、ハーフスイング

ハーフスイングとは、スイング法の一つです。
フルスイングとは対照的に、テイクバックのときには左腕が地面と平行になる程度にとどめておき、インパクト後のフォロースルーでは右手が地面と平行になる程度にするコンパクトなスイング法です。
練習でインパクトの感触を掴むときによく使われますが、本番であっても距離が中途半端なときには使われます。

特にコンパクトに振っているので正確性が高くなりますから、ここぞというときに使う事ができれば狙ったところにボールを落としやすくなります。

そしてハーフスイングをする事の一番のメリットは練習にあります。
スイングの基礎がすべて詰まっていますから、まずはここから練習を始めておいて感覚を覚えておくという事は大切です。

また、それができるようになれば、スイングが安定する事になります。
実際にこれを練習するのならば、7番アイアンあたりが適しています。

そしてトップでは右足に体重を乗せて、スイングスピードは落とさないようにしましょう。
フェース面にも気を使って、スイートスポットで捕える事ができるようにしましょう。

この感覚を覚えておけば、フルに振ったとしてもそれほど違和感はなく、安定したスイングが完成する事になります。
ただし、これを継続したからと言ってドライバーの飛距離が伸びるようになるわけではなく、あくまで基本的な事を体に覚えさせるためです。

練習場ではこればかりやるという事は、しない方が賢明です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ