プロゴルファーの中でも圧倒的に多いティーチングプロ

プロゴルファーという言葉を聞けば、大会に参戦しているようなスター選手を思い浮かべるかもしれませんが、そのような方は少数派です。
多くの方は指導をすることで収入を得ており、このように教えることをメインとしている方をティーチングプロ、もしくはレッスンプロと呼んでいます。
しかし、このような選手がコーチを兼任している制度を導入しているスポーツはゴルフぐらいのものです。

多くの場合、指導する役割、つまりコーチと選手とは明確に区別されます。

競技によっては、元選手であっても指導するにはライセンスが必要であるという場合もあり、ゴルフも徐々にそのような流れになってきていますが、女子は現在もプロテスト合格と同時にインストラクター資格が与えられており、プレイとコーチの区別については進んでいるとは言えません。

ティーチングプロは、どこかのゴルフ場、或いはゴルフ練習場に所属し、そこを訪れた選手の指導に当たります。

実力が一定以上あるのは確かなのですが、指導の面で優れているかどうかについては、人によって異なるのが実情です。
また収入の面では、コーチだけではあまり稼げないようで、かなり苦労されているという話が多く聞かれます。

しかし、ティーチングプロの中には有名選手のトレーナーを務めている方もおり、そのような方はツアープロより有名になることも珍しくありません。

勿論そんな方は少数ですが、レッスン書やDVDを発売して高い収入を得ている場合もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ