スライスしやすくなるツマ先下がりのショット

ティーショット以外の箇所ですと、ゴルフボールは地面に接しています。
フェアウェイは比較的平坦なことが多いですが、少しコースを外れると斜面になっていることも珍しくありません。
斜面上のボールを打つ場合、プレイヤーが立っている高さとボールの高さが異なってきます。
プレイヤー側の方が高い位置にいる状態で打つことを、ツマ先下がりのショットと俗に呼び、難易度が高くなる場面です。

まず、平行な状態でも正確なスイングを行うのは困難であり、特にスライスに悩んでいるという方は多くいらっしゃいます。
ツマ先下がりの場合、体勢が安定しないのでさらに打ちにくくなり、慣れていないとミスショットを起こす可能性が高いです。

その上、前に飛んだとしてもスライス回転がかかりやすいので、予想外のところに飛びやすくなります。
ツマ先下がりの状態で、平行な状態と同じようなスイングを行うと、角度がある分ボールの左側に当たることが多く、スライス回転がかかってしまうのです。

もし通常のショットでもスライス回転に悩まされているなら、軌道はより変化してしまう可能性が高くなります。

理想としてはフック気味に打つのが良いのですが、体勢も苦しい状態ですので、なかなか上手には飛ばせないでしょう。

スコアアップを目指すなら、そのような状態からでも飛ばす技術が必要ですが、そうでないなら一打犠牲にしても転がして平坦なところに出す方が良いです。

無理をしてスライスがかかれば、次は更に酷い状態で打つことになるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ