ゴルフのスコアカードを記入する際に注意したいこと

ゴルフ場で18ホールを回った場合、その成績をスコアカードに記入します。
各ホールのヤード数や設定されているパーは最初から記載されているでしょうから、プレーヤーは各ホールのスコアを記載していきます。
絶対に記載しなければいけないのは、打数だけです。
この時「+2」「-1」といった表記で書かないようにして下さい。

絶対に駄目というわけではありませんが、コンペや大会では必ず打数で計算しますので、将来的にそのようなものに参加するかもしれないのならば、打数で記録する癖をつけた方が良いです。

コンペにせよ大会にせよ、ラウンド後にはスコアチェックがあります。
この時には打数でチェックしますので、「+2」といったものを記載していると、進行が滞るでしょう。

しかし、スコアカードへの記載で、守っておいた方が良い点は打数で書く、ぐらいです。
他は一切書かなくても問題ないのですが、実は他にも記入欄があります。

打数を記載するところは、二つに区切られており、右側にも何か書くことが可能です。
何も書かないという方も多いのですが、ここにはパット数を記載します。

パーオン率なども後から知ることが出来ますので、書いた方が良い所でしょう。
これらは手書きの場合の話です。

最近はスマートフォンでスコアカードを作成できるアプリが出ていますので、今後はそちらが主流になる可能性はあります。
しかし、手書きがなくなるわけではありませんので、書き方については知っておいた方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ