ゴルフの基礎にしてすべてとも言えるスイング

スイングをすることから、ゴルフははじまります。
大げさなようですが、ゴルフのすべてとも言うことができるほど重要で、これがなければ、ゴルフを始めることもできませんし、上手くなれば間違いなくゴルフ自体が上達することになります。
そしてそれには、あらゆる要素が関わってきます。

グリップ、スタンス、アドレス、インパクト、数々の要素が重なって、ベストショットを生みます。
どれ一つ欠けてしまったら、ミスショットになってしまいます。

そしてこれを練習するためには、反復したトレーニングが必要になってきます。
ただし、がむしゃらにトレーニングをすればいいというわけではなく、きちんとした、やり方をしなければ間違った方法を覚えてしまいます。

打ちっぱなしなどで、思ったよりも飛距離が伸び悩んでいるというときは、正しい方法を意識してください。
自分では打ちにくいと思っていても、それにならうことで、信じられないほどの飛距離が出ることだってあります。

それほどに、正しい打ち方を意識することは大切です。
しかし、すべての人に置いて、正しい打ち方は「これ」というものはありません。
その人の腕力や体型によっても変わってきますし、面白いことに性格までも反映しています。

せっかちな性格は速い打ち方をしてしまいがちで、その逆もあります。
もちろんどちらが正解かはありません。

ゴルフのすべてがスイングからはじまるのはもちろん、たった一球打つだけであっても、その人の性格までも表してしまう奥の深いものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ