さまざまな種類がある、ホールの終着点グリーン

グリーンは、ゴルフコースの要素の一つです。
この中にはカップがあり、そこにボールを入れることで、そのホールの目的を達成したことになります。
グリーンは芝という意味で、常にキレイに刈り込まれています。
打球をそこに乗せたときは、「オン」と呼び、それがカップに近ければ近いほど良い評価を受けることができ、ボールをいい位置につけたときには「ナイスオン」とも言います。

また、どれも同じように見えますが厳密には種類があって、それがプレーヤーを悩ませることになります。
まずはグリーンが2段になったものです。

高さが違うものが組み合わさっており、難度は飛躍的に上がっています。
オンした場所によっては、カップを狙うこともできないような惨状に陥ります。

そして馬の背というものもあります。
これは中央が馬の背中のように盛り上がっているので、カップ位置によっては、かなりの上りや下りを狙わなくてはならなくなります。

他には砲台というものもあります。
丘の頂上に設置されているので、オンすること自体が難しく、パットも反れていくように設計されていますから、慎重にボールを運ばなければ外れてしまいます。

特殊なグリーンに浮き島があり、これはまわりが池に囲まれているものを指します。
外したときは、かなりのリスクがつきまとうことから、難易度はかなり高くなっています。

また、芝の状態や雨などでコンディションが大きく変わり、カップの位置でも大きく難易度が変わってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ