エースとは、ゴルフで有名な記録の別名のこと

エースという言葉は非常に様々なところで使われる言葉です。
スポーツだと野球やサッカーなどを始め、各種競技の代表的な選手として挙げられます。
英語でエースとは第一人者という意味がありますので、そこから来ているのですがトランプの影響もあるでしょう。
ゴルフにもエースという言葉が使われることがあります。

ゴルフでは前述の第一人者という意味では使われません。
ホールインワンの別名です。

トランプだと最も強いカードとして扱われることが多いですが、同時に「1」という数字でもあります。
この為、ホールインワンのことを指す言葉になったものと思われます。

しかし現実で使う場面は殆どないでしょう。
何故ならホールインワンの方が名が知れているからです。

ゴルフの細かいルールなど知らないという方でも、ホールインワンという言葉の意味や凄さは十分に伝わってしまうので、わざわざ別名で呼ぶ必要がありません。

ただそれは日本での話で、海外でなら「Ace」表記されることが多くなります。
英語圏でもホールインワンは「Hole in one」と呼ぶのですが、どちらかと言えばシンプルな「Ace」表記の方が好まれているようです。

「Ace」はパー3のホールで達成されることが多く、この場合スコアカード上は「◎」と表記されます。

このマークはイーグルを達成した時に使う為、イーグルと「Ace」が同じものであると誤解をされる方がいらっしゃるようですが、あくまで成績上は同じというだけで別の記録です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ