インテンショナルが出来るようになれば実力は上がっている

ゴルフでボールを打つと、多くの方の場合は曲がってしまいます。
真っ直ぐ飛ぶ方が珍しいと言えるかもしれません。
では曲がった場合、打った人は意図的に曲げているのでしょうか。
プロの方なら、意図的に曲げている可能性が高いですが、初心者の方が打ったボールは、意図とは異なる曲がり方をしている場合が殆どとなります。

プロの方がやっているような、意図的にボールを曲げることをインテンショナルと呼びます。
スライスにせよ、フックにせよ、想定通りに打てれば実力はかなり高いです。

ゴルフボールが真っ直ぐ飛ばない理由として、ボールが小さいことが挙げられ、普通に打った場合でも、回転がかかりやすく曲がってしまうのです。
その為、姿勢やスイング、ゴルフクラブといった様々な要因に影響され、結果的に真っ直ぐ飛ばない場合が殆どなってしまいます。

ゴルフは、結局のところ一定の飛距離を出せるようになれば、後は狙い通りのところに打つ技術が求められます。

真っ直ぐにせよ、そうでないにせよ、狙ったところ付近にボールが飛ぶようになれば上達したと言えますが、全体的にインテンショナルが必要となるのは、プロゴルファー、或いはプロを目指している方ぐらいのものです。

趣味で楽しんでいる方に限れば、ストレートボールを打てるようになれば基本的に問題はないと言っても過言ではありません。意図的に曲げる技術は、ものにするまで時間がかかりますが、その割にはメリットがあまりないのが実情です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ