休憩という意味を持ち、次のホールの準備も行うインターバル

インターバルという言葉は、ゴルフに限らず使われるので聞いたことがある、使っている方も多いでしょう。
主な意味としては、休憩となります。
ゴルフでも概ね同じ意味で使われており、そのホールでのプレーを終えてから、次のホールでのティーショットを打つまでの間の休憩のことを、インターバルと呼びます。

大体どれくらい休めるか、についてはゴルフ場や、競技であるか、前にプレーしている人達などによって異なりますが、日本のゴルフ場はスタートの間隔が6分に設定されているところが多く、スムーズにプレーが行われた場合は各ホールごとに6分前後休める時間があることになります。

勿論、この中には移動時間も含まれますので休めるとは限りません。

次のホールの情報をキャディさんから聞いて、クラブ選びを行うとすれば休みは殆どないと思っておいた方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ