グリーンを狙うアプローチのちょっとしたポイント

グリーンまわりから狙うアプローチは、スコアを左右する重要なものです。
ここでどこまで、カップに近づけられるかで、その後の展開が変わってきます。
まずは基本を抑えて、アプローチを成功させやすくしましょう。
まずスタンスに気をつけることです。

スタンスを広くとると、それだけ上半身がぶれてしまって、トップやダフりが発生してしまいます。
いつもとは違って、両足を揃えるくらいの気持ちでスタンスをとりましょう。

そして体重はあらかじめ左足に載せておきます。
体重移動をかけなくても短い距離ならば問題なく打てます。

逆に移動させることによって、スイング軌道が乱れてしまう可能性があるので、それを防ぐためにも、左足に体重を載せておくことが重要です。
そしてスイングするときも、なるべくカラダは固定させて、移動は最小限に抑えます。

グリップはボールよりも前に、ハンドファーストで構えて、方向性を決定させましょう。
コンパクトなスイングならば、これで問題はありません。

またグリップは短くもった方が安定しやすく、コントロールしやすいので、いつもとは違う感覚かもしれませんが、練習で慣れておきましょう。
さらに短いショットは、腕の力はいりません。

肩を回すようにしてその力のみで打つようにしてください。
まずはダフりやトップをなくすことが大前提になります。

一番打ちやすい方法をこれを参考に模索していってください。
距離よりも、正確なショットを打つことを心がけて、ミスをなくせば成功しやすくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ