正しいアドレスが正しいスイングへの第一歩

正しいアドレスを作ることによって、その後のスイングに関して大きく影響が出ます。
アドレスが正しくなければ、いくら上手くスイングをしようとしても、難しくなります。
だから正しい姿勢をそこでとることが大切です。
基本的な姿勢を説明しましょう。

まず、背筋を伸ばしてまっすぐにたち、前を見ます。
そして両足を肩幅より少し狭い程度に広げます。

そして、お辞儀をするように上半身を倒すのですが、ポイントはお尻を突き出すようにすることです。
さらに、腰ではなく、足の付け根からカラダを曲げましょう。

それから力を抜いて両手をぶらんとさせます。
そして両ひざを軽く曲げて、両腕をカラダの前で合わせてそのままグリップを握るようにしてください。

そうすることで右手が少し下がるかと思います。
また、若干ですが右半身を下げるようにします。

右肩を下げれば自然とできるはずです。
あとは体重を、つま先からかかとへ移動させて、最も安定するところを探します。
これで正しい姿勢の完成です。

ただし、この方法がすべての方にベストとは限りません。
あくまで基本的な姿勢の作り方として、それから自分なりのアレンジを加えるようにしてください。

そして、一番の注意点は、猫背になっていないかです。
上半身を傾けることで、猫背のような姿勢になっているかもしれませんが、背は伸びています。

間違えないようにしてください。
猫背ではバックスイングが上手くいきませんので、背筋は伸ばすように意識してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ