国産ゴルフクラブメーカーとして奮闘しているワークス

ワークスは、平成元年に設立されたゴルフ用品を扱うメーカーです。
この会社が初めて自社製品として世に送り出したのが、平成5年に発売されたダイナツアーメイトとなります。
飛距離の面での工夫は勿論のこと、道具としての見方が強かったクラブとは一線を画する、外見に拘った作りが特徴でした。
既存のゴルフクラブは、打ち続ければ当然ですが損傷していきます。

酷い場合は見た目に表れることもあったでしょう。
そんな中にあって、ダイナツアーメイトは半永久的に使えると大胆な広告を出しており、その自信が窺えます。

この会社は元々、海外を含め他社のゴルフ用品を販売する会社だったのですが、その後自社でゴルフクラブの開発を始め、販売するようになりました。

この辺りには、ワークスによる理想と、実際に販売する製品のコンセプトにずれがあったから、とのことです。
理想の製品がないなら、自分達で作ろうということでゴルフクラブ製造を始めました。

実用的でありながら、一種の芸術品としての側面もある、それがワークスの選んだコンセプトでした。
現在では、飛距離や軽さなどを重視する傾向があり、数字に拘りたいという方にオススメのメーカーとなっています。

特に軽さは、力の衰えを感じる方には何よりの力となってくれます。

またクラブだけではなく、近年はDVDによる講座なども発売しており、会員限定のクラブを多く発売していることも特徴です。
もしこのメーカーの製品を気に入られているのなら、会員になってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ