世界的メーカーのナイキのVR_S コバートドライバー

ナイキは、あらゆるスポーツ用品を扱うメーカーとして知られています。
ゴルフ用品も数多く手がけていて、新モデルとして2013年新モデル「VR_S コバートドライバー」を発表しました。
「VR_S コバートドライバー」の特徴として、こちらの製品コンセプトは、革新的な発想、性能とデザインの両立となっています。
当メーカーのゴルフクラブの象徴的な存在、顔として位置づけられています。

当メーカーのゴルフクラブについては、新しいモデルがリリースされる毎に、はっきりとした改良点が提示されてきました。

かつては「ヘッドが四角いドライバー」といったイメージがありましたが、2010年に登場したこの「VRシリーズ」の登場によって、ヘッド形状はオーソドックスになりました。

また、打感も多くのゴルファーに好まれる、安定したものへと変化してきていて、ナイキのゴルフクラブ開発チームを見てみると、日本人のエンジニアが加わっています。

このために、日本人ゴルファー向けのクラブ作りが行われていますが、日本のみならず、世界中で評判を得ています。

この製品は、ソールのキャビティバック構造が特徴的です。
ヘッド後方左右に重量を配置し、慣性モーメントを高めていおり、その上で、ソールの中央部分を排除し、重心を浅く低く設計しています。

また、独自のソール形状は、あえてクラウン全体を残したためのもので、構えたときの見た目を重視したデザインとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ