伝説のパターの名で知られるゼブラの技術と商品

ゼブラは、スポーツオーソリティ社の系列であるゴルフ企用品社のラムが販売しているブランドです。
スポーツオーソリティはコロラド州に本社を置いている企業です。
スポーツオーソリティーの名で、米国の45州において、450以上の店舗を運営しています。
約一世紀にも渡る長い歴史を持った企業となっています。
当ブランドについては、パターが有名です。

パターについては、現在ゴルフショップで販売されている商品の多くは、マレット形状を採用したものが多くなっています。
以前はピン型や、L字型パターがメインであったことを考えると、その形状が変化しているのがわかります。

この流れを作ったパターが、ラム社の「ゼブラパター」と言われています。

特徴としては、ベントネックシャフトにマレット形状のヘッドを採用したもので、発売当時、すでにマレットのヘッド形状は存在していましたが、そこにネック側をひねった形状のベントネックシャフト、重心の深いマレット形状のヘッドと組み合わせたというのが、この商品のオリジナリティでした。

現在販売されているキャンバソール CS-Xパターについて見ていくと、こちらは、伝統の名器とよばれているゼブラパターを、最新のハイテクノロジーによって復活させたモデルとなっています。

芝の種類や季節、そしてコンディションに応じて交換可能なウェイトカートリッジを搭載しているのが特徴です。
ヘッド後方ソール部には、80gものタングステンウェイトを装着しています。

これによって深い重心深度、そして高慣性のモーメントを実現し、ブレを最小限に防いでくれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフメーカー

このページの先頭へ